麻雀の基本動作

   

麻雀は牌をツモって手牌で役を作っていくために不要牌は捨てていきます。必要なら他家が捨てた牌を鳴くこともあります。

和了の形をつくりロンをするかツモって得点を競うゲームなのでこれらの一連の動作について見ていきましょう。

ツモ、牌をすてる

ツモは自分のツモ番のときに牌山から順番に取っていきます。
麻雀は手牌は13枚でツモってきて14枚になります。
牌山から持ってきた牌を交換でどれを捨てるか選びます。ツモ牌が不要ならそのままツモ切ることになります。

他家の捨て牌を鳴く

鳴きには3種類ありそれぞれ

  • チー
  • ポン
  • カン

となります。

チー

他家の捨て牌を使って順子を作る行為がチーとなります。チーは下家(自分の左)からのみ鳴ける動作となります。

※食い替えはチョンボ:234の牌があって5を鳴いて2を切るのは食い替えと言ってチョンボになる場合があります。

ポン

他家の捨て牌を使って刻子をを作る行為となります。チーと違い他家からなら誰からでも鳴けます。

カン

槓子(カンツ)は同じ牌4枚1組のものを指します。
カンには3種類あり以下のとおりです。
大明槓(ダイミンカン):手牌に刻子があり他家が同じ牌を捨てた時に鳴いて4枚にする動作
加槓(カカン):ポンをしている牌と同じ牌が手牌にあるときやツモってきた時に4枚目をポンに加える動作
暗槓(アンカン):手牌に4枚同じ牌がある時に行う動作

暗槓は手牌をさらす行為にはなりますが他家の捨て牌を使わないので鳴きにはならず門前扱いとなりますのでリーチや門前自摸が有効です。

鳴くときの注意点

鳴くと役によっては喰い下がりになり得点が一翻下がる事があります。

例えば、三色同順、一気通貫、混全帯么九(チャンタ)は二翻→一翻に、混一色や清一色も一翻下がります。

また鳴いた時は自摸が役としてつきません。
自摸のみでの和了はないため他の役が必要となります。

一盃口も鳴いたら無効になります。

まとめ

基本動作はツモって捨てる、場合によっては鳴いて役を作ると言うものになります。
麻雀は決まった牌の枚数しか使いませんから終盤になれば捨て牌などを見てどれが危険牌かどれならまだツモれそうなど少し推測が可能になります。ツモって捨てるの簡単な動作の中に色々とすることが多いのです。ただはじめのうちは慣れることが大事なのであまり気にしなくてもいいと思います。

鳴きに関しては手を早めたり有利に役を作るにはとても有効になりその点ではメリットですが、牌がさらされるため他の手牌が読みやすくなったり、手牌が少なくなるデメリットもあるので出和了りが難しくなったり、他家のリーチに対して苦しくなったりします。

はじめのうちは鳴くことによって役がつくつかないくらいで良いと思いますが慣れてくれば仕掛けるタイミングや鳴く牌も重要なことに気づいてくると思います。

 - 基本知識 , , ,